apple payの登録方法と使い方 | Appleメモログ

 apple payの登録方法と使い方

Apple Payについて

ついに2016年10月、Apple Payの国内サービスが開始されました。Apple Payとは簡単にいうと、iPhoneの決済システムであり、対応の店舗やアプリでとても簡単に決済することができます

Apple Payでは手持ちのクレジットカードを登録して行うため、支払い自体はクレジットカードでのものとなります。

店舗支払いの時は指紋認証をしてリーダーにiPhoneをかざせば一瞬で決済が完了します。アプリも同様に支払いの際に指紋認証が求められ、認証が完了すれば支払いを行うことができます。

この機能はとても便利で、現金の入ったお財布も要らくなります。究極的にはiPhoneだけを持てば出かけられてしまうと言うこともできますね!

Suicaも登録可能!

Apple Payではクレジットカードの他にSuicaも登録可能となっています。

お手持ちのSuicaを登録するか新しくiPhone用のSuicaを作成することで、iPhone自体がSuicaカードのように使えてしまうのです。

もちろん改札もiPhoneをかざすことで通れてしまいますよ。「エクスプレスカード設定」というものをしておけば、Suicaの使用の際に毎回指紋認証する必要もなくなり、とても快適です。

Apple Payが使える機種は?

Apple Payのサービスが開始されましたが、実際どの機種で使えるのでしょうか?

実は、Apple Pay自体は多くの機種で使うことができます。しかし、その中でも使用できる用途に違いがあります。

アプリ内やウェブ上で決済ができることや、Suicaの登録ができる交通機関の用途、店舗でリーダーにかざすことで登録したクレジットカードで買い物ができるというものです。

以下にそれぞれの機種がどのように対応しているかを示しました。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus

  • 交通機関
  • 店舗
  • アプリケーション内
  • ウェブ上

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE

  • アプリケーション内
  • ウェブ上

Apple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2

  • 交通機関
  • 店舗
  • アプリケーション内
  • ウェブ上

Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)

  • アプリケーション内

iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3

  • アプリケーション内
  • ウェブ上

2012年以降に発売されたMacのモデル

  • ウェブ上

このように、すべての用途に対応しているのはiPhone 7/7 Plus以降の製品となります。

Apple PayでSuicaや店舗での支払いがしたいという方は、これらの機種を選ぶようにしてください。

クレジットカードの登録方法

Apple Payの利用を開始するには、クレジットカードを登録する必要があります。対応しているプリペイドカードでも構いません。

以下は、新規の登録方法です。

  • Walletアプリを起動する
    「カードを追加」もしくは右上の「+」マークをタップ(iCloudのパスワードを要求された場合は、入力してOKを押す)
  • 説明が表示されるので「次へ」をタップ
  • 「クレジット/プリペイドカード」を選ぶ
  • カメラが起動し白い枠が表示されるので、枠内にカードが入るように写す、または手動でカード番号等を入力する
  • 有効期限、名義、セキュリティコードを入力する
  • 認証コードを入力する(SMSで8桁の認証コードが送られてくる)

以上でクレジットカードの登録が完了します。

登録が完了したクレジットカードは、Walletアプリのトップ画面に表示されているはずです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする