Ruby on Rails5とAngular7で通信してwebアプリケーション作成 | Appleメモログ

Ruby on Rails5とAngular7で通信してwebアプリケーション作成

railsのapiモード使ってangularで作ったフロントと通信するサンプルアプリ的なの作りました。

フロントとバックでフレームワーク分ける

ruby on rails といえばフルスタックのフレームワークで、これひとつだけでフロントもバックもひっくるめてwebアプリを作ることができます。

ですが、今回はバックエンドをrails、フロントエンドをAngularでwebアプリを作るやりかたを学びたいと思い試してみました。

仕事でも最初はフルスタックのフレームワークひとつで開発していたのですが、最近フロントとバックで別のフレームワークで開発をするようになりました。

それがなんとなくかっこよくて、しかも色々なフレームワークを触れるということで、趣味でもやってみたいと思いました。
とりあえずrailsとangularでサンプルアプリを作りました。Reactが一番人気らしいのですが、まだ触ったことはありません。

あとでReactも勉強します。。。

CORS設定とやらが必要らしい

フロントとバックでapi叩く実装し、いざ通信、、、できなかった。

どうやらCORS設定というのをしなければいけないらしい。
cors.rbをいじった。

なんか色々忘れてしまったのであとで書きます。
corsについてとかも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする